片付けで 暮らし方を整える
整理収納アドバイザー 西澤佳代子 KAYOHOME @長野
その他

【体験談】強迫性障害とは?辛かったです【治療、家族の協力があり改善へ】

こんにちは かよこです。

以前インスタグラムでもお伝えしたのですが私は「強迫性障害」でお医者さんに通っています。
とても苦しい体験をしましたが、今はだいぶ改善してきています。
サラっと軽い気持ちでストーリーにのせたつもりがかなり大きな反響がありました。そんなわけで今回は「強迫性障害」について少しお伝えできればと思います。

強迫性障害とは

「強迫性障害」とはウィキペディアを一部抜粋すると「不合理な行為や思考を自分の意に反して反復してしまう精神障害の一種である。同じ行為を繰り返してしまう強迫行為と、同じ思考を繰り返してしまう強迫観念からなる」となっています。もう少し具体的に言うと手の汚れが気になり何度も手を洗ってしまったり、家の鍵を閉めたか気になり何度も家に戻り戸締りを確認してしまったりとかです。

私の強迫性障害の体験談

私の場合は、例えばお皿洗いをしている時に洗剤が残っていないか気になってしまい何度も洗ってしまったり、車を運転していても何かにぶつかっていないか同じ道を戻ってしまったりということがあります。また私は薬剤師として調剤薬局で働いていますが薬の最終確認をする時に間違いがないか何度も確認してしまうということがあります。頭の中ではもうお皿に泡はついていないし、車はどこにもぶつかっていないし、薬は間違っていないとわかっているのです。わかっているのに心配や不安な気持ちが出てきて何度も何度も確認してしまうのが強迫性障害の苦しさのひとつです。

日々の流れの中で症状が軽くなったり重くなったりを繰り返してきました。日々のストレスなども大きく関係しているのかもしれません。私の場合は季節変動もあり少し寒くなってくる秋の終わりぐらいから少し状態が不安定になり春頃になるとまた回復してくるという流れがあります。そのような状態の中で結婚し子供が産まれ家を建てました。私の中でこの「強迫性障害」の症状が少し改善の方向に向かったきっかけとして「家族の協力」と「マイホームの建築」の2つがあります。

強迫性障害の治療と改善へ

家族の協力

まず一つ目が「家族の協力」です。主人も薬剤師で当時メンタルクリニックの隣の調剤薬局で働いていました。強迫性障害について夫なりにいろいろ勉強してくれました。そして夫は読書が好きで私の知らない物事の考え方とか先人達が築き上げたありがたい思考方法みたいなものを私にずっと話をしてくれました。「大河の一滴」「森田療法」「人間万事塞翁が馬」「必要必然ベスト」「アドラー」「カーネギー」そしてそして「般若心経」まで登場してきました。その中でも「森田療法」の考え方は私の現在の考え方の大きなひとつとなっています。

マイホームの建築

二つ目が「マイホームの建築」です。それまではアパートで暮らしていたり夫の実家に居候したりという生活を送っていました。料理、家事、育児も十分にできていなかったかもしれません。強迫性障害の症状のためお皿洗いができなかったり、車の運転ができなかったりと日常生活にも支障をきたしている部分がありました。そのような中、一条工務店で家を建てました。その家は今まで暮らしていたところとは少し違う「マイホーム」というちょっとキラキラとした輝きがありました。今まで母として妻として育児・家事が十分にできていない所がたくさんあったけどもう一度新しい気持ちでトライしたという気持ちが芽ばえてきました。そして住宅のこと、育児家事のこと、整理収納のことをメインとしてインスタグラムを開始しました。その過程で自分自身を見つめなおしたり、たくさんの家事育児の改善点をみつけることができたことも強迫性障害の症状改善のための大きな一歩となりました。

強迫性障害を体験して

現在でも怖いこと不安になることはありますが以前の強迫性障害の症状と比べるとだいぶ改善し楽になりました。「整理収納」を学んでから「家事・育児」を前より楽しんでできるようになりました。家事を効率化して時間のゆとりや心のゆとりを持てるようになったことは私にとって大きな前進です。きっと私と同じように苦しんでいる人が世の中にたくさんいると思います。私の体験してきたことをお伝えすることでほんの少しでも日々の心のキラキラが増えるのであればとてもうれしいと思い日々発信を続けています。

強迫性障害の症状があったからこそ「整理収納」の大切さを知ることができました。そして「家を整える」「生活を整える」ことで「自分の体調も整える」ことができました。

私のこの発信がどこまで意味のあることなのかわかりません。でも主人から私の心が萎えていた時に毎日言ってくれた言葉を思い出します。

「すべてのことには意味があってすべてのことは必要で無駄なことなんて人生何一つないんだよ」

これからも私のできることを発信していきたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。これからも宜しくお願いします。

かよこ(整理収納アドバイザー)

ABOUT ME
西澤 佳代子(KAYOHOME)
西澤 佳代子(KAYOHOME)
長野市の整理収納アドバイザー西澤佳代子です。 小学生や幼稚園のお子様がいるお宅のお片づけや仕組みづくりが得意です! なぜなら我が家にも小学生の娘と、幼稚園の息子がいるからです。 かよこ流"子供が楽しくなるようなお片づけの仕組み"をアドバイスします。 ママの暮らしを楽にします!! ぜひお気軽にお問い合わせください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です